糖質制限をする上での正しい方法と、ダイエットにつなげるためのコツ。

MENU

糖質制限ダイエットの方法

糖質制限ダイエットの方法を紹介する人

少し前にTVなどで糖質制限ダイエットが流行しました。言葉だけでも聴いた事がある人も多いのではないでしょうか?
ダイエットの1つの方法として興味はあるけれども、やり方がよくわからない人のために、ここでは糖質制限ダイエットの方法についてご紹介します。

 

そもそも糖質って何?

糖質とは人の体のエネルギー源である3大栄養素の1つです。3大栄養素とは、たんぱく質、脂質、炭水化物のことで、炭水化物は糖質と食物繊維の総称なのです。糖質制限ダイエットとは炭水化物のうちの糖質を制限するものになります。
糖質の役割は脳や神経の活動の元になるエネルギーなのですが、摂りすぎてしまうと体内で消費されずに残ってしまいます。するとインスリンというホルモンが分泌されて脂肪になってしまうのです。
糖質を制限する事でインスリンの分泌を抑えて脂肪を作りにくくしたり、体が足りない糖質を得ようとして体の脂肪をエネルギー源として変換したりしてくれるので、結果としてダイエットが出来る、ということになるわけです。

 

糖質制限ダイエットのやり方

糖質は人体にとって必要なエネルギー源ですから全く摂らない様にすると体調不良を起こしてしまうことになってしまいます。
脳に必要な栄養素がなくなるわけですから、体がだるくなる、眠気が取れない、頭の働きが悪くなる、などです。
ではどのように糖質制限すればよいのでしょうか?

 

主食を控える

糖質制限ダイエットのためご飯の代わりに食べる豆腐

日本人の多くはお米や麺類、パンなど炭水化物のものが大好きです。主食であるこれらの食べ物をたくさん食べてしまう人も多いですよね。しかし、これらにはたくさんの糖質が含まれています。
ですから、まずは主食を減らす事からはじめましょう。
とはいうものの、食べなれている主食を減らすのはなかなか難しい人もいますよね。そういう人は、おかずを減らす必要がないなどポジティブに考えてみましょう。それでも難しい人はご飯を豆腐やこんにゃく麺にするなど、低糖質で主食の代わりになりそうなものを用意してみてはいかがでしょうか?

 

他の食べ物の制限をしない

ダイエット、というとまずお肉などの脂質を制限しなくてはいけない、と考えがちですが、脂質まで制限してしまうと体内に必要な栄養素である脂質とたんぱく質までなくなってしまいます。もちろん食べすぎはよくありませんが、量を減らさなくてはいけない、食べてはいけない、という考えを持たないようにしましょう。
その他にも野菜や魚などをしっかり摂るようにすることも大切です。気をつけたいのは調味料です。砂糖、みりん、しょうゆなど普段使用する調味料は糖質が高いものが多いので、全体的に薄い味付けにするようにしましょう。

 

おすすめのダイエット食品はこちら