痩せたい方必見!体重が減らない根本的な原因を分かりやすく解説します。

MENU

体重が減らない原因

体重が減らなくて困る女性

一生懸命ダイエットをしているのになかなか体重が減らない事ってありますよね。中には逆に体重が増えてしまった、という人もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、自分の何が悪いのか、どうして体重が減らないのか、その原因がわからずイライラしてしまいますよね。
ダイエットをしているのに体重が減らないのにはきちんと理由があります。ここではその理由についていくつかご紹介していきます。

 

栄養バランスが偏っている

ダイエットをする上で食事制限を行っている人は多いのではないでしょうか?しかし、ダイエット=食事の量を減らせばいい、という事ではありません。人間は体を動かすので必ず食事でエネルギーを得なければなりません。その食事もただ食べるのではなく、栄養バランスをよく摂る事をしなければ、どんなに食べていても栄養不足に陥ります。
例えば肉や炭水化物などは太りやすいと聞くから、野菜ばかり食べていたとします。すると脂質やたんぱく質など体を維持する上で必要な栄養素が体の中からなくなってしまいます。そうなると体の代謝が悪くなり、体重が減るどころか逆に痩せにくい体になってしまうことになるのです。
ダイエットの食事制限は栄養バランスよくすることを心掛けましょう。大切なのは余計なカロリーを取らないことです。スマートフォンのアプリなどでカロリー計算が簡単にできるものもあるので、利用される事をおすすめします。

 

便秘

代謝をよくするために水分補給に気をつけてダイエットをする女性

体の代謝の1つに「宿便の排泄」があります。便というのは人にもよりますが、1度につき約500gあると言われています。
便秘と言うのは宿便が排泄されないことですから、数回分溜まってしまうとその分体重も増加してしまいます。また、便秘になると体調不良になってしまうこともあります。
女性は便秘になりやすい体質の人が多いですが、運動不足、栄養不足、食物繊維の不足などで簡単に便秘になってしまうので、食事や水分補給に気をつけてダイエットを行うようにしましょう。

 

停滞期に入った

ダイエットをすると最初のうちは簡単に体重が落ちたのに、急に減らなくなってしまった、ということがあります。これは脳が「生命を維持するのに危険な状態に入った」と判断してしまい、少ないカロリーであってもそこから十分なエネルギーを取得しようとする為です。
停滞期の期間は人によって代わってくるのですが、だいたい2週間~1ヶ月位の期間になります。それ以上の期間になることもありますが、停滞期を過ぎれば再び体重を減らす事ができます。

 

この停滞期にダイエットを諦めてしまうと簡単にリバウンドしてしまうので、それまで通りにダイエットを続けていく事が大切です。