便秘や代謝の悪化など様々な弊害が出てダイエット効果を得られません。

MENU

「食べない」のはNG!断食ダイエットのリスク

 

数時間~数日先の体重を落とすだけなら、食べない方法がもっとも単純で効果を期待できます。
しかし、体型や体重を根本的から変えたい場合は食べないだけのダイエットはオススメできません。

 

身体は栄養を吸収することで脂肪や余計な成分を分解したり、排泄物にして処理させる能力を持っています。
食事を抜いたり極端に減らすと栄養不足になって、結果的に便秘や代謝の悪化など様々な弊害が出てダイエット効果を得られません。

 

置き換えダイエットや炭水化物だけを抜くダイエットは正しく行えば効果的ですが、必要な栄養素を補えていないなど誤った方法を取っていると逆効果になる場合もあるので注意しましょう。

 

 

ストレスを感じるのはNG

 

空腹でストレスを感じる女性

人間は空腹の感情を抱き、それを満たしてあげないとストレスになります。
食べなかったり量を減らして、ストレスを感じるとタンパク質を分解するコルチゾールという成分が放出されてしまいます。

 

そのため、分解しきれないタンパク質が脂肪になって太りやすくなりますし、関節痛や胃が痛くなる様々な弊害も出てきます。

 

また、ストレスを感じながらダイエットを続けると、断念した時に反動で暴飲暴食をしてしまいリバウンドするリスクが高まります。

 

 

さまざまな健康被害が発生

 

食べなければ栄養不足になって、体内に必要な栄養素が供給されなくなりますし、免疫力が低下して病気など様々な健康被害が発生するリスクがあります。
ちょっとした風邪程度であればいいですが、最悪のケースではガンなど命を奪う病に発展したり、後遺症が残ったり顔の肌がボロボロになるといった弊害が出ます。

 

代謝が悪くなったり、身体に必要な栄養を吸収しづらい身体になってしまうと、その後食生活を見直しても、健康な身体を取り戻すのに時間がかかってしまうこともあるので注意しましょう。

 

 

スタイルが悪くなる

 

栄養が不足すると過剰な部位の肉からエネルギーに変えていきます。
女性の場合は大半は胸やお尻の肉が少なくなってスタイルが悪化します。
お腹や足などの余計な部位は、脂肪が分解しづらい環境になっているので、後回しになってしまうケースが多いです。

 

特に運動をせずに食事だけでダイエットしている人は、体重を落とせても理想とする体型からは離れてしまうこともあるので注意しましょう。

 

胸やお尻の肉は、一度落ちてしまうと再度食事を多めに食べても、特定の部位だけ効率的に肉付きが戻ることはありません。
間違ったダイエットで、スタイルの改善に長期間悩んでしまう方もたくさんいます。